自社でもできる効果的な人材採用の方法はこんなパターン

会社の業績をアップさせるためには、より有益な人材を確保することが重要になります。もちろん、競合他社においても同様のことを考えていますから、年々労働人口が減少する中では、労働市場においても厳しい競争を勝ち抜いていかなければなりません。人材採用の方法としては、ハローワークや求人サイトを利用することが一般的ですが、当然、競合他社との競争は避けられません。また、これらを通じて応募してくる人は、様々な経歴を持っていますので、その中から自社に適した人材を見つけなければなりませんから、至難の業であるとも言えます。そこで、こういった方法と併せて、自社でもできる人材採用の方法を模索している会社も多く、実際に大きな成果を出している事例も少なくありません。

自社サイトを利用した人材採用の方法

自社でもできる方法として、もっとも一般的なものが、自社サイトにおける求人募集です。この方法の一番のメリットは、募集してくれる人の多くが自社のファン、もしくは好感を抱いている人だという点です。「好き程ものの上手なれ」とは良く言ったもので、自社のファンであれば、仕事に対するやる気が違います。会社にとって有益な人材の条件として、愛社精神を持っていることはとても大切ですから、この条件はクリアすることになります。ただし、求人情報を掲載する場合には、具体的に業務内容を記載しておくことが大切です。ファンであるほど、イメージが先行する傾向が強いため、入社後に自己が抱いていたイメージとのギャップが大きくなり、成果が出せない社員がいるのも事実です。こういった事態を回避するためにも、例えば事務職を募集するのであれば、必要なパソコンのスキルや配属が予定される部署、残業の有無や有給休暇などを具体的に明記することが大切なのです。

社員からの紹介を利用した人材採用の方法

社員に対して、人材を募集していることを周知して紹介を募ることも、昔ながらの手法ですが、有効な方法であることに変わりはありません。最近では、紹介された社員が実際に雇用された場合、紹介した社員に対してインセンティブを設けている会社もあります。紹介のメリットは、紹介した社員にも責任がありますから、より有益な人材が集まりやすいことです。また、応募する人も事前に社内の状況を確認することができますから、入社後にそれまで抱いていたイメージとのギャップに苦しむこともありません。ただし、紹介した社員の役職によって合否が決まったり、入社後にえこひいきがあると、社内の和が乱れてしまうこともありますので、採用の合否については公正を極めることが大切ですし、紹介者とは別の支店に採用するなどの配慮が必要なのは言うまでもありません。