効果的な人材採用をするにはどういった方法があるか説明します

企業にとって人材採用は、業績に大きく影響することですから、各企業とも、非常に大きな課題としてその対策に取り組んでいます。特にこれからは、少子高齢化の問題が深刻になりますから、ますます労働人口の減少が予測されますので、人材の確保そのものが難しくなります。いくら要員が不足するからと言って、誰でもいいという訳ではありません。特に、最近では、いくら実績が伴わないからといって、簡単に解雇することはできませんし、会社側の対応の拙さから、訴訟に発展することさえありますので、採用担当者の責任は重大です。こういった状況の中から有益な人材を採用することは、至難の業であるとも言えますが、しっかりとしたノウハウをもって挑めば、有益な人材を確保することは十分可能です。

ハローワークを利用して人材採用する方法

ハローワークは無料で求人広告を出せることから、多くの企業が利用していますが、その反面、広告のスタイルが画一的であることなどから、「とりあえず広告をだしておけばいい」といった風潮もあります。こういった対応では、良い人材を採用することは到底できません。ハローワークに求人広告を出す上で、一番注意したいことは、競合他社の広告と差別化することです。ハローワークに出ている求人広告を見ると、似たような表現が多いことに気付きます。それでは、雇用を希望する人の目には止まりません。そこで、大切なのが、仕事の内容や労働条件をできるだけ具体的な記述とすることです。例えば、営業職の場合、法人相手なのか、個人相手なのか、また、ルートセールスなのか、新規開拓中心なのか、1日の接触件数はどのくらいなのかといったように具体的な記述を行うことによって、仕事の内容がイメージしやすくなりますから、応募者も増えますから、結果として良い人材を確保することができるのです。

求人サイトを利用して人材採用する方法

インターネットで人材を採用する方法としては、求人サイトに求人情報を掲載することが一般的です。特に、大手求人サイトでは、1日当たり数万PV以上も期待できますから、多くの応募者を見込むことができます。しかしながら、大手になるほど求人件数が増えますから、相当、競合他社との差別化を図らなければ、自社の求人広告が見逃されてしまうことも少なくありません。対策としては、より具体的でインパクトのある求人広告をだすことは当然として、掲載するサイト選びも重要です。そこで、おすすめなのが、ある条件に特化した求人サイトです。例えば、看護師や保育士といった職種であったり、年収1000万円以上のエグゼクティブ層向けといった労働条件に特化したサイトが、数多く開設されていますので、自社のニーズに沿ったサイトに限定して、求人広告を掲載するのです。こうした特化サイトに訪れる人は、数多くの求人情報を閲覧する傾向が強いので、自社の広告を見逃される確率は限りなく低くなり、有益な人材が多いのが特徴です。

当社の東京都中央区日本橋にございます。 600社以上の導入実績がございます。 工数を大幅に減らせます。 応募者の重複を確認できるので、不採用者を再度面接するといくことを防ぐことができ、面接者の手間を省くことができます。 採用管理の工程を一括管理できる機能になります。 人材採用は可視化し、分析を行います! ホームページ制作会社へ依頼する必要がありませんので、随時採用ページの更新が可能です。 当社の人材採用システムでご支援致します!